上手な「保湿クリーム」の塗り方のコツ3選

部位によって塗布する量を変える

肌が乾燥していればしているほど、厚めに保湿クリームを塗って対策してしまいたくなるものですよね。でもそれは危険!人は頭から肩の辺りまでは脂の量が多く、ここに保湿クリームを塗り過ぎると、ベタベタしすぎてカビや菌などが繁殖してしまい、逆にかゆみなどの皮膚トラブルの原因になってしまいます。逆に足のすねなどは乾燥しやすく、薄めに保湿クリームを塗っても物足りないこともあります。そのため、保湿クリームを塗る時は、首元などには薄めに、足のすねなどには少し厚めに塗るなど、部位によって塗る量をコントロールすることがポイントですよ。

保湿クリームの上から「フタ」をする

そもそも保湿なんて面倒だから、つい保湿クリームだけさっと塗って済ませてしまいがちですよね。だけど、保湿クリームは塗っても人間の体温や外気などの影響によりすぐに蒸発してしまい、長時間その効果を得られない場合もあります。そんな時は、保湿クリームを塗ったその上からワセリンを塗って「フタ」をするのがポイント。ワセリンは肌には浸透せず、逆にバリアを張って刺激や乾燥から肌を守るだけでなく、保湿クリームなどにより保持された肌の水分を維持する作用があります。医薬品に使われているだけあって刺激がほとんどないのも魅力ですね。

入浴後、5分以内にすぐ塗る

お風呂あがりはまだ肌が湿っているから保湿クリームを塗布する必要もないような気がしますよね。また、肌の上の水分が邪魔で保湿クリームを塗っても意味が無いような気もします。だけど、お風呂あがりは、5分以内にすぐ保湿しましょう!実は入浴後は、生活の中で肌の乾燥が急激に進みます。実際、入浴後に肌の乾燥が悪化したり、かゆみが増したなどの経験をしたことのある方が多いのではないでしょうか?お風呂あがりはすぐにタオルで水分をふき取り、遅くとも5分以内に保湿クリームとワセリンなどで保湿しましょう。水分をそのまま自然乾燥させると、余計に肌が乾燥してしまうので要注意!

品川美容外科の裁判まとめサイト