ヒアルロン酸ってどうして美容にいいと言われているの?

まずヒアルロン酸ってなんなの?

ヒアルロン酸は、美容にいい成分として非常に有名なので今更どんなものなのか聞きづらいところはありますよね。その正体はムコ多糖類の仲間なんですが、人間の体のあらゆるところに存在しているんですよ。肌の構造は何層にも分かれていますが、表皮の下を真皮と言います。この真皮にヒアルロン酸がたくさん存在しています。だからこそ、肌の美しさを保つのに重要なわけなんです。他にも関節を守るクッションとして存在していたり、眼球にも含まれています。

肌に必要な理由って?

真皮にコラーゲンと一緒に存在しているヒアルロン酸の役割は、ずばり肌の水分の保持です。ヒアルロン酸の保水力はかなりのもので、なんと1グラムで6リットル近い水分を蓄えることができるんです。赤ちゃんや子供の肌がもちもちとしているのは、ヒアルロン酸のおかげなんですね。でも、40代に入ると真皮のヒアルロン酸はどんどんなくなってしまうんです。その結果、肌から弾力が損なわれ、乾燥しやすい肌に変化してしまいます。

化粧品やサプリによく配合されているのはなぜ?

肌が乾燥しているとしわやたるみなどが目立つようになりますし、ターンオーバーが正常に働かなくなるのでシミが定着しやすくなります。それだけヒアルロン酸が肌の健康と若々しさを保つうえで大きな役目を担っていることが分かりますね。肉体のあちこちに存在しているので副作用もなく、肌になじみやすいので、コスメやサプリメントとして不足を補うのに適しているんです。ヒアルロン酸入りの商品や美容医療が普及したのはこれが理由なんですね。

品川美容外科の2chについて調べる