肌を白く美しく保つためにすべきこと3選!

日焼け止めクリームはこまめに塗る

夏でも白くて潤った肌を保っている人は美しいですよね。しかし、そのような肌を保つためには、人知れず様々な努力をしているのです。まずは、日焼け止めクリームをこまめに塗るという方法です。肌への刺激は少ない方が良いので、SPF値が低いものを(20~30程度)こまめに塗りなおすと良いでしょう。SPF値の高い日焼け止めクリームは、紫外線を遮る効果は高いのですが、それだけ肌への負担を強めてしまうことになるのです。

ビタミンCとリコピンを十分に摂取する

日焼け対策として重要なことの一つとして、体内から美白になるための栄養素を摂取するということが挙げられます。それは、ビタミンCとリコピンです。ビタミンCは柑橘類に多く含まれていますので、ジュースやスムージーなどにして積極的に摂取するようにしましょう。リコピンは赤いトマトに多く含まれています。これは日焼けした後の肌にもよく効き、1日に30個ほどのミニトマトを食べると、日焼けが無かったことになるくらいの威力を発揮します。

5分程度の外出でも気を抜かない

美白を持続するためには、たとえ5分程度の外出でも気を抜かないことが大切です。ちょっと洗濯物を干すだけ、近所のコンビニに行くだけ…その「ちょっと」が日焼けにつながるのです。1日5分だけ気を抜いた外出を1週間続けると…合計で35分もの日焼けになってしまいます。必ず日傘をさす、または日焼け止めクリームを塗る、日よけの防止をかぶるなど、自発的に日焼け防止の対策をするようにしましょう。潤った白い肌を保つためには努力が大切なのです。

品川美容外科の判例について調べる